2001年10がつの真児のログブック

10月29日 マクタンにてダイビング無し 快晴

10月28日 マクタンにてダイビング無し 快晴

10月27日 マクタンにてダイブマスターコースのヘルプ 曇り 

10月26日 マクタンにてダイブマスターコースのヘルプ 快晴

10月25日 マクタンにてダイビングなし 快晴

10月24日 マクタンにてダイビング無し 快晴 北風

10月23日 カビラオ 快晴 透明度ちょっと悪 水温30度 北風?

今日は朝に行き先を決めた。
雲の動き具合からすると、、、今日はカビラオ方面がよいだろう、、
ふ、、、、良かった!!
カビラオ上空は雲一つなくご機嫌な天気であった。
ライトハウスへエントリーして、流れもさほど無くノンビリダイビング。
ニシキアナゴ、アキアナゴ、、そうそう、、ハナヒゲウツボもまた登場。
ウミテングは発見できず、、今日はウミトサカが綺麗に穂を開いていて
綺麗であった。
タリサイではお決まりのメンバーにしっかり会えた。
やっぱりタリサイは未だに潜っても面白い。

10月22日 バリカサグ 朝快晴 昼からスコール、

朝は抜群に天気も良く、かなり期待してバリカサグへ。
一本目のサンクチュアリは日差しも綺麗に入って透明度も良く、
かなりご機嫌であった。
が、、ギンガメアジ不在。
2本目はカテドラルへ挑戦したが、、バラクーダー不在、、、
その上天気も怪しくなってきたので、、
今日はそのまま撤退。

10月21日 パングラオ島 朝快晴 昼からスコール。

近場からスタートした今日であったが、、1本目をエキジットしてみると
恐ろしいほどでかいスコール雲登場、、出来るだけ逃げようと、
モモまで行ったが結局追いつかれた。
お昼ごはん中は雨、寒くはないのであるが、、、やっぱりもったいないな、、
2本目の時は曇りくらいに落ち着いてくれた。
透明度もさすがに今日は悪かった。残念。

10月20日 カビラオ〜ヒルトガンチェックアウト 一日雨、風無し べた凪

今日はまっとうなカビラオダイビング。
天気は悪かった、、途中まで雨、その後も降ったり止んだり、、
雨は降るが水面状況は良く、、移動は楽であった。
ライトハウスでは、久々にハナヒゲウツボ、、(3つカイメンの近く)
にでてくれて、さい先の良いスタート。ヒレナガネジリンボー
ホルトハウシ、、などなど。やっぱりムレハタタテダイの群の復活は
ライトハウスっぽくて嬉しい。
タリサイでは、唯一ゲストからリクエストのあった、ピンクスクワットロブスターを
ゆっくり見て、満足。

10月19日 カビラオ周辺、調査ダイブ 一日大雨、風無し、水面べた凪

今日は久々に朝から雨。
途中で止むと思ったが、、一日中雨が降り続けるという状態。
今日潜ったのは、カビラオ島サンクチュアリ外れ、、パンガンガン島、
ボホール島のカビラオより、、という、、普段絶対に行かないところばかり。
さすがに魚は少なかったが、、やっぱり何かでそうで、、かなり面白かった。
めぼしい物は、、、見たことのないジョーフィッシュ、
図鑑で探しても該当魚なし、、
こうやって、少しずつ新しいポイントを開拓しなければ、、
ご協力いただきました、ミスター酒こと、うやまさん、ありがとうございました。

10月18日 パミラカン&セルベラショール 朝快晴、昼から曇り べた凪

水面状況の本当によい日であった。
とりあえず一本目はバラクーダーポイントで!!
透明度はまずまずの状態、、
エントリー直後にギンガメアジの大群と遭遇。
昨日バリカサグで見れなかったので、、ほっとするしんじ、、
目指すはバラクーダーとナポレオンだったが、、
いないので浅瀬に移動、、、その途中で、、
でた、、、
ビックリしたのであるが、、カンムリブダイ6匹の群。
そのうち3匹は1m級、、、いやいや、、良かった。

そうか、、ナポレオンフィッシュは大きくなるとカンムリブダイになるんだ、、
と思わず思ったしんじであった。
いったい、ナポレオンはどこに引っ越したのであろうか??

今日のメインは、パミラカン島近くのセルベラショールという、
水面にでていない、、水底の島??なんか美味く説明できないが、、
何はともあれ、俺の念願のポイント、、
久々に、どきどきしながらエントリー、、
そのポイントの上には10台近い漁師のボートと1隻のダイビングボート、、
期待がでかい、、きっと、魚影で透明度が悪いはず、、とまで思ってエントリー。
が、、いたのは沢山のフラッシャー系の魚と、シマウミヘビ。
雰囲気はすっかりマラパスクアだったので、いつマンタが、、いつハンマーが
と思っていたが、、やっぱり出現せず。
けど、、どきどきするダイビングは良いね、、ちょっとデコ、、、
今度は、反対側を潜ってみたいな、、、

10月17日 バリカサグ 晴れ 風無し 水面べた凪

とりあえず今回は調査ダイブをやらせてくれるリピーター、、
初日の、バリカサグくらいは普通にガイドの予定、、
サンクチュアリ、、、あれ??ギンガメなし、、
イエローダッシュフュージュラーの群が復活して
かなり目立つようになってきた。夏頃はあまり見なくなっていたのである。
二本目ブラックフォレスト、、前回と同じく、発見なし、、
やっぱりカテドラルであった。
どうしても、、ブラックフォレストに帰ってこないらしい、、
でも、、やっぱりブラックフォレストにいるような気がする、、
馬鹿なガイド、しんじであった。

10月14日 パングラオ島 晴れ 風少々、波少々

今日は近場をゆっくり潜った。
昨日よりかは幾分風も弱まったが、、どうやら
低気圧が近くにあるらしい、、、

10月13日 カビラオ 晴れ 風あり、波あり 

今日は久々にしっかり風が吹いた。南風であった。
カビラオの行きは良かったが、帰りは波を被った。
一本目は、ライトハウスへ、、30m辺りの透明度は良かったが、
途中透明度5m地帯があったりして、、ちょっと調子よくなかった。
が、、、ムレハタタテダイの群が復活しているのでご機嫌。
ウミテングも8m付近に顔を出してくれて、俺としては満足のライトハウス。
タリサイは、、やっぱり透明度が良くなくて、15mくらいかな、、、
まあ、一通りのトウアカクマノミ、マンジュウイシモチ、などなどには
ご対面できた。

10月12日 バリカサグ 快晴 風少々波少々

今日はバリカサグまで少々時間が掛かった。

天気は良かったが、ちょっと風がある。
サンクチュアリでは、ギンガメがちょっとだけ、、、
ブラックフォレストが逆流れ、、バラクーダーいなくて、、
思っていたときにカテドラルでバラクーダー発見。
最近はやっぱり、カテドラル方面にいる可能性が高いな、、

10月11日 セブにてダイビング無し。快晴

10月10日 セブにてダイビング無し。曇り 夕方スコール

10月9日 セブにてダイビング無し。昼から激しいスコール

10月8日 カビラオ〜ヒルトガンチェックアウト。 快晴 夕方スコール、

ライトハウス。程良い流れ。ムレハタタテダイが復活していて
かなり綺麗だった。久しぶりにヒレナガネジリンボーペアも顔を出していた。
透明度も良く、テンツキチョウチョウウオ、最後には
8m付近で久しぶりにウミテング登場。ボートの上より水の中の方が
調子の良いしんじであった。
タリサイではトウアカクマノミ、イソギンチャクもエビ、ピンクスクワットロブスター
アオリイカ、マンジュウイシモチ、今日のヒットは1pほどのホホスジタルミの幼魚。
これは、かなり可愛かった、アカククリの幼魚もニューフェイス登場。
暫く居着いてくれそうである。
しんじは2本でダウン。ヒルトガンは美香がガイド。ツバメウオ、アヤコショウダイ、
バラクーダーの子供、、などなど、、
ヒルトガンからホワイトサンドリゾートに入る間は、かなり激しいスコールにあった。
いやいや、凄い雨で当たったら痛かった。
これで、ボホールの今月の山場終了。

10月7日 パミラカン 快晴 べた凪

美香ガイド ナポレオンの中型とカメがでたのみ、、
透明度はかなり良かったらしいが、大物はいまいち、、
パミラカンは透明度が良くなったが、大物率が下がってしまった。
しんじOW講習。ドゥオルにて、、透明度7m

10月6日 バリカサグ 快晴 べた凪 

美香バリカサグ。サンクチュアリにてギンガメの大群
ブラックフォレストで、ウエルジー組はバラクーダーに遭遇
美香アドバンス組は残念賞。
しんじは、OW講習の学科。

10月5日 バリカサグ 快晴 べた凪 夕方スコール

今日はボホール料理人森田さんカンバックにてバリカサグへ。
1本目はカテドラルへ。森田さん100本目ダイブにバラクーダーを
狙ったが、、今回はカテドラルでいなかった。
2本目はサンクチュアリへ、ギンガメアジ、、小群ばかりが沢山いた。
3本目 しんじは熱のためダウン、、
美香グループ、ブラックフォレストキャベツ珊瑚越えた付近で
バラクーダーの群に遭遇。流れ弱。水面はカテドラル方面に流れ
水底はブラックフォレスト方面に流れていたらしい。
取りあえず、バラクーダーがでて良かった。
しんじ、、体調わるし、、

10月4日 美香 カビラオ しんじOW講習

美香のカビラオ
快晴 べた凪 水温30度 透明度30m 流れ少し

ライトハウス。程良い流れ。ムレハタタテダイの大群が復活。
透明度も良くカメも登場して良かったらしい。
3つのカイメン近くに、ハナヒゲウツボ復活。
タリサイにてギンガメアジ登場

しんじはドゥオルでOW講習。透明度10m、、でも生徒さん大喜び
しんじ、、体調悪し、、プールは冷える、、、


10月3日 バリカサグ島 快晴 一時スコール 透明度20m 水温30.3度

今日は、ブルーコーラル育ちのダイブマスター、肥塚一人のために
バリカサグへ、
数少ない、俺が勝手に出来るゲストだったので、
今日は、ギンバラ無視の予定で、
カテドラルよりにエントリー、、
もちろん会いたいのは、、ピグミーシーホース、、
が、、予想外に、、こんな処へバラクーダー??
最近ブラックフォレストにいないと思ったら、、エントリーしてロープの処で
大群に遭遇、、ちょっとびっくり。なかなか此処には普段いないのである。
今日の俺の目的はバラクーダーでなく、、ピグミー君だったので、
さっさと深場に入りたかったのであるが、、やっぱりでた限りは
暫くご鑑賞。透明度も光の入り方もかなり良くて、絵になるバラクーダーだった。
さてさて、、その後はちょっと深場へ、
確か、、前回この辺りだと思って入ったのであるが、しんじ大失敗、、
浅場からウチワのように見えていたのは、全てナンヨウキサンゴだったのである、、
目当てのウチワにたどり着いたときは、すっかりデコまで後1分、、、
全然意味ないじゃん、、と思いつつあさばへ、、
肥塚一人満足、、、
2本目はカテドラルが流れていたので、ブラックフォレストも流れているだろう、、
なら、、ギンガメはブラックフォレストよりと、予想を立てて入ったけど、、
ブラックフォレスト側は流れなく、、ギンガメ無く、、
3本目はモモにて、ニシキテグリ大会、、70分ほど潜ってやっと1匹、、
ア、、、疲れた、、
が、、まあ、天気も良くご機嫌なファンダイブだった。

10月2日 マクタンにてダイビング無し 快晴

10月1日 バリカサグ 快晴 ちょっとスコール べた凪 透明度20m 水温30度

今日は2日目のバリカサグ。
昨日、ギンガメアジの子群しか見れなかったので、今日はリベンジ。
一本目からブラックフォレストへ、
透明度も20m以上。タカサゴ、クマザサハナムロ、ムレハタタテダイの群が
今日も一杯群れていた。
が、、目指すバラクーダーは出現せず。
ギンガメアジの大群が、最後の方に水深30m付近で登場、、ちょっと深すぎ、、
流れが、無いのが問題である。
2本目は、ちょっと勝負をかけてカテドラルへ、、
ブラックフォレストのブイから入って、カテドラル方面へ5分。
こんな処にいたのか!!
バラクーダーの大群登場。
流れが少ししかないので、追いかけるとゆっくり沖へ逃げていく。
こちらもゆっくり追いかけて、なんとか至近距離へ、、
かなりほっとしたしんじであった。
久々にカテドラルへ入って、ムレハタタテダイの大群や、カスミチョウチョウウオを
見ていると、やっぱりカテドラルっていい、、と思った。
バラクーダーを見た後に、カメが2匹くるくる回っていた。
小さいカメだったがゲストも喜んでくれて、良かった。
水面に上がると、ちょっとスコール。5分ほどで止んで、後はべた凪。
かなり良い日であった。