2004年 8月のログ

8月のお月様
満月8月1日 8月30日
新月 8月16日

8月31日 カビラオ島 晴れちょっと曇有り。
無風水面鏡状態から、少々南風昼から。
今日は、朝から無風。太陽はあるのであるが、ちょっと曇が張っている。
しかし、水面に写る、バンカーボート、、いや、、水面は超凪です。
カビラオまで50分で到着。水面から下の珊瑚が綺麗に見える。
1本目は、ライトハウスから。ブイから降りてすぐに、スパインチーク
ハナダイの群れがめちゃくちゃ綺麗に見える。ダツが水面を泳いで、
ニチリンダテハゼ・ピンクスクワットロブスター、イソギンチャクエビ
最後は綺麗なソフトコーラルの中で、安全停止をして、ダイビング終了。
綺麗の一言。2本目は今日の本命バラクーダーを狙ってのタリサイダイビング。
エントリーしてすぐにいる、トウアカクマノミを見て、深度を18m
にまでゆっくり落としていく。あ、、ギンガメアジがちらほら、、
でも、塊で無いので、いまいち、、その先に、、予定通り??
いましたバラクーダー!!思わずスレートにやった!!と書いたガイドでした。
その中に、、真児初めての、半金色バラクーダー、、
美香が時々見るとは言っていたけど、、真児は始めてみた。
ただ、全部が金色でなくて、、前半分だけ、、、(^^ゞ、、
なんと、中途半端なんだろう、、でも、明らかに金色なのである。
バリカサグに続いて、カビラオでも半金色のバラクーダーが見れるなんて、
ほんと、この金色は、なんだろう、、??
アルビノは、色素が抜けて、真っ白になるらしいし、、
まあ、突然変異種だと思うが、、
いろんなことを考えながら、しばらくバラクーダーを見ていた。
その後、流していたら、、今度はカメ、、久しぶりにカビラオでカメを見た。
今日はそれなりに大当たり。最後浅場では、マンジュウイシモチを
見ていたが、、それより、珊瑚に群れるミスジリュウキュウスズメダイの大群
のほうが、綺麗であった。
3本目は、南側のサンクチュアリにて。珊瑚を沢山見ながらのんびりダイビング。
今日は、天気も良かったし、ご機嫌なダイビングでした。
帰りは、ほんの少しだけど、南風が吹いて、波が出ていた。
でも、ちょっと波を受ける程度、1時間で、ボホールとロピックまで帰ってきて
時間は2時でした。いや、、海がいいと嬉しい!!

8月30日 快晴 南風少々。白波少々。パングラオ島北エリア
今日も朝から快晴である。夜も最近暑くて、スタッフハウスでクーラーを
つける始末。ただ、今日は昨日より少々風が強い。近場なので
まったく問題ないレベルであるが、、
1本目は、ドゥオルに。ここは穏やか。
ヤンヤンボート修理中のため、やたら、大きなボートでダイビング。
ロープを使ってゆっくり潜行。5Mのところからダイビングスタート。
スプリンガーズダムゼル・テーブル珊瑚・バーチークダムゼル
カニハゼは今日はペアで真横にました。可愛い、、最近安定しているので
ガイドとしては嬉しいのである。マンジュウイシモチなどを見て終了
2本目は、ジュンのガイドで、ハグダンポイントへ。
ドロップオフが気持ちよい、そこに太陽の光が入って、何も見なくても
ご機嫌ダイビング。コガネスズメダイ・パープルビューティー
オオバロニア・ミズタマサンゴ・オイランヨウジ・
ネッタイミノカサゴなどなど、、
天気が良い日はビールが美味い、、今日は2本で帰ってきて
のんびりの昼下がり。

8月29日 快晴 朝風無し昼から少々南風 バリカサグ島
昨日、バリカサグが非常に良かったので、今日もバリカサグ。
朝から快晴べた凪である。水面が鏡のようで
後2日も続けば、、いよいよ、、ベストシーズン宣言???
1本目は昨日と同じく、サンクチュアリからエントリー。
朝は満潮なのであるが、だんだん干潮になって浅くなるので、
先にサンクチュアリに。昨日、ギンガメアジの場所に
おしっこでマーキングしておいたのですぐに見つかりました。(^o^)丿
太陽が燦燦と照りつける中、ギンガメアジの大群がめちゃくちゃ
綺麗に見えました。イエローダッシュフュージュラー、など。
1本目にギンガメアジを見たので、機嫌よくブラックフォレストへ、、
あれ?逆流、、ウミウシ大好きを公言するゲストだったので、
ウミウシでごまかしつつ、、ダイビング、、あ、、もういないや、
と思った瞬間。ブラックフォレストの奥で、バラクーダーの大群
いきなり登場。昨日は、いなかったけど、金色のバラクーダー
登場して、最後クライマックスに大きな盛り上がり。
透明度もバリカサグにしてはよく20m超。太陽の光で
ハナダイが綺麗。アカフチリュウグウウミウシ・セグロリュウグウウミウシ
が、交尾していた、(^^ゞ、アカフチリュウグウウミウシが、相手を
探しているシーン、カイメンを食べているところ、、
やっぱりバリカサグのマクロも面白い。今日はウミウシ大好き、
魚興味なしのゲストだったので、ガイドとしても面白いダイビングが
出来てよかった。
おっと、、久しぶりに1m級のナポレオンフィッシュも出たことを
ついでに報告。
天気も良かったので、3本目。カテドラルに入ったが、、、流逆、、だな、
と思っていると、ボートの真下が、バラクーダーだらけ、、
いや、、叫びましたよ、、『はやくして、、いっちゃう、いっちゃう、、(^^ゞ』
無事、ゲストもバラクーダー見れて、今日は大物三昧。
トサカリュウグウウミウシ。ミラーイ、コイボツブツブウミウシ、変なウミウシ、
アンナウミウシ、、などを見て今日のダイビング終了。
昨日に引き続き、、満足、、
8月28日 快晴 風無し バリカサグ島!!
今日は、朝からちょっと曇っているかな、と思っていたが、
風も無く、だんだん、と太陽が照りつける最高の一日になった。
目指すはバリカサグ島、、いや、、気持ちよい。
1本目、ブラックフォレストに入ろうと思うと、逆流。
波が無いので、サンクチュアリに変更。
前回ギンガメアジを見た位置に狙いを定めて、エントリー。
エントリーして、5分でギンガメアジの大群に遭遇。
水深1mから15mくらいまで、ギンガメアジだらけ。
太陽の光に光るギンガメアジの渦は見ていて気持ちよかった。
15分ほどギンガメと一緒に泳いで、イエローダッシュフュージュラー
ニセクロホシフエダイの群れを見て、満足のダイビング終了。
2本目は、もちろんバラクーダーを狙って、ブラックフォレスト
逆がなれっぽかったので、キャベツ珊瑚の上に入る。
いました、エントリーして5分で、バラクーダーの大群
残念ながら金色はいなかったな、、でも、、3mくらいまで近くに寄れました。
ただ、今日は少々水深深め、15mから、20mの間にいました。
今日は、ギンガメアジバラクーダーに、、太陽の光。
本当にご機嫌なバリカサグ。
明日もバリカサグに行くぞ!の予定。
今日は、近場ドゥオルでは、ジュンのガイドでダイビング。
なななな、、なんと、、ギンガメアジの子供の群れがいたらしい、、
俺は見たこと無いのであるが、、そんなこともあるんだ、と思った。
マンジュウイシモチ、カニハゼ、パープルビューティーなど
基本的な魚はキチンと見せてのダイビング終了。
天気が良くて、最高の夕暮れです。あ、、そろそろ、ビールかな、、

8月27日 快晴 南風大 カビラオ島
今日も、風が強そうだったので、車でカビラオまで移動。
1本目は、多少波があるものも、ライトハウスは許容範囲だったので
そのままエントリー。スパインチークアネモネフィッシュ・
バブルコーラルシュリンプ・ピンクスクワットロブスター
ナデシコカクレエビ・ソフトコーラルが太陽の日差しで綺麗だった。
2本目は、兄貴のガイドで、タリサイへ。
トウアカクマノミ・ギンガメアジ、、すぐ逃げた、ツバメウオ
オイランヨウジ・マンジュウイシモチ・ツノザヤウミウシの仲間、真児もはじめて、、
3本目は、ジュンのガイドで、ホワイトラインコームツースブレニー
タルボッツダムゼル・ヒラムシ・オランウータンクラブ・スパインチークアネモネフィッシュ
ダツ、アンナウミウシなどなど、、
今日も太陽の光は最高!!でも、、南風が強いな、、
俺としては、ツノザヤウミウシの仲間が、、ちょっとヒット。
明日はバリカサグ、、バラクーダーが見たい!!

8月26日 晴れ 南風大 パングラオ島
いや、、青い空・白い曇・吹きすさぶ風、高い波、、、(^^ゞ、、
せっかく天気よいのに、残念ながら南風強い。
1本目は、ドゥオルにて。
スプリンガーズダムゼル・イソギンチャクモエビ・バーチークダムゼル
パープルビューティー・キャベツ珊瑚畑・カニハゼ・マンジュウイシモチ
2本目は、波が高くて、ハグダンに入れず、MOMOまで移動。
ニチリンダテハゼ・ホソフエダイ・クロオビアトヒキテンジクダイ
ツノハタタテダイ・メラネシアンアンティアスなどなど。
天気は良くなったけど、、南風、、強いな、、、

8月25日 美香OW 講習、プールとパングラオにてダイビング 快晴、南風大
今日も真児はセブで、お休み。朝から快晴で空が気持ちよい。
でも、ちょっと木がそよぐほど風はある。後一息、そろそろベストシーズン
今、夕方、天気はよくすこぶる快晴。しかし南風大。白波が立っている。
しかし、この太陽の日差しは最高に気持ちよい。後は、風だけ、、

8月24日 美香OW講習学科。真児はセブにてお休み。 快晴 風無しから風有り
今、ゲストを空港に送ってきたのである。今日も天気がよさそうである。
朝から洗濯日和。セブのスタッフハウスの洗濯をした。
このままベストシーズンに突入することを期待する。
昼間でパソコンにしがみついていると、心地よい風、、あら??
風が強い、、(^^ゞ、

8月23日 カビラオ〜砂の島〜ナルスワン島 快晴 南風少々から南風大へ、、
今日は、ボートでセブまでカンバックのスケジュールでスタート
朝から快晴である。南風が少しあるが、白波ちょっとだけ、、
太陽の光が気持ちよくスタート。昨日は入れなかった、サンクチュアリ。
と思っていたが、干潮なうえに、白波が立つので、断念して
タリサイへ。ガイドは美香。真児はHP用の写真撮影。
美香グループは、バラクーダーとギンガメアジの両方の群れに会った様である。
鈴の音が心地よかった。タリサイに変更してよかった。
他にはマンジュウイシモチ・スパインチークなどなど。
真児はHP用の写真撮影で、147枚を1ダイブで撮影して、初心者のように
喜んでいた。今回の目標は、マニアな魚でなく、一般種。
ガイドとしてほとんどスレートに書かないような魚を撮った。近日中にUPの予定
撮った魚は、ムナテンベラダマシ・ミスジリュウキュウスズメダイ・ニセネッタイスズメダイ
ネッタイスズメダイ・ソラスズメダイ・オジサン・フタスジタマガシラ・
フタスジヒメジ・インドヒメジ・レモンスズメダイ・フォールスアイプッファー・
マンジュウイシモチの子供・ウミキノコ・ウスユキウチワ・オオバロニア
いや、、タリサイには沢山の魚がいるんだな、、いつも珍しいものばかり
見せようとしている自分に反省。一般種にもこんなに綺麗なものがいるので
今後は、一般種ももっと見せるガイドをしていきたい。
2本目は、砂の島に移動して、ゴビーガーデン。
美香は、メタリックシュリンプゴビー・ヒレナガネジリンボーなどを見せていた。
真児は、一般種撮影でほとんどボートの下にいた。そして、、珍しくないけど
珍しいもの、、、コバンザメの群れがいた。コバンザメがコバンザメにくっついて
10匹くらいの塊で、それも1mくらいの距離まで寄って来る。メディアの枚数が
少ないのに、取り巻くってしまって、、メディアはあっという間に終了。
128Mだったのに、、でも、、撮影は楽しいということに始めて気がついた。
今まで不精物だったので、ほとんどカメラを、セッティングしなかったのである。
最近、HPに魚の写真少ないね、、と、、痛いところをつかれて、撮り始めたのである。
今後も、時々、撮影してみよう。
砂の島に上陸して写真撮影などして、その後は、ナルスワン島まで移動。
気持ちよくお昼寝をしていました。ナルスワン島は、サンクチュアリにて
ブルースポットスティングレイ・変なカニ?と思ったら、外に出たヤドカリだったり、
イソギンチャクモエビ・ツバメウオ1匹、、残念、、クマザサハナムロ
シャコガイ・アヤコショウダイ・カスミアジ、などを見て、ダイビング終了。
その後は、ブルーコーラル本家にはいって、シャワーを浴びて
ホテルに移動、肇さん・えつこさん、150本ダイブおめでとうございました!

夕方少し南風が強くなって、ナルスワンからマクタンが、思ったより時間かかった。
が、、全体的には天気は回復傾向!いや、、楽しい。太陽万歳!

8月22日 カビラオ島 快晴 べた凪。
いや、、今日の朝は起きてから、雲ひとつ無い快晴である。
南風も無い。まさにベストシーズンのような朝である。
この天気が崩れませんように。いまからカビラオ島に行ってきます!
いやったあああああああ!!
朝から最高のコンディション。べたべた太陽が照りつける中、カビラオまで
ボートは穏やかに疾走。1本目はライトハウス。
太陽が入るとここのソフトコーラルは最高に綺麗。
ニチリンダテハゼ、スパインチークアネモネフィッシュ・タカサゴ
コガネスズメダイの群れが凄い。それにパープルビューティーが
混ざって、黄色と紫の乱舞。いや、、太陽の光が入ると、珍しくない
スズメダイや、ハナダイが最高に綺麗に見える。
ニシキアナゴ・アキアナゴを見て、ハナヒゲウツボを探しに行ったが、、
ハナヒゲウツボは残念。また、いなくなりました。
2本目は兄貴のガイドでタリサイへ。最初ちょっと逆流れ、途中から順。
トウアカクマノミ・ピンクスクワットロブスター・マンジュウイシモチ・
スパインチークアネモネフィッシュ。課題はキチンとこなしたガイド。よいよい。
3本目に行く前に、、南風が強くなってきたのでサンクチュアリは止めて、
ノースウォールに入りました。べたべたで、太陽の光が燦燦と入ってきて、
まじに綺麗。ネオンピグミーゴビー・キャンディケインドワーフゴビ-・
オバケインコハゼ・ツマグロサンカクハゼ・キンセンハゼ、、などなど、
でも、そんな魚より、珊瑚に群れる魚が、本当に綺麗だった今日のカビラオ
南風が強くなって、白波が立ったので、車でボホール島観光しながら
帰ってきました。太陽が入るとこんなに綺麗なんだ、、と思うカビラオでした。

8月21日 バリカサグ島 曇り、 南風少々。
昨日の夕方、驚くべきニュースがゲストから、、
『フィリピンの東沖で、台風発生ですって、、』
『があああん、、』びびる真児。すぐにインターネットでチェック。


『ふ、、、、遠い』とりあえず、距離は全然遠く、これも日本に行きそう。
朝、もし風が強ければバリカサグをキャンセルするかな、と思ったが、
多少南風もあったが、全然白波も無いレベル。よし、バリカサグ出発。
今日が最後のゲストもいて、まだ、バラクーダは見ていない、、
1本目は、ブラックフォレスト、兄貴がガイドで真児はバックアップ。
今日は小さなものは無視!!といいつつ、、カメ、カスミアジなどなど、、
でも、、肝心のバラクーダ無し。ブラックフォレストがやや、逆流。
2本目は流に乗って、カテドラルへ。エントリーしてすぐに、オオモンイザリウオ珊瑚
の真上に、大群でいましたバラクーダー最高!!金色のバラクーダーも
混ざっていて、よいよい。これで、すべてのボホールのお魚を見せましたよ、
ガイドも一安心。2本で終了して帰るゲストと、4本潜るゲストで、ボートを別れて
真児は、2本組みと一緒にショップに戻って、、初たこ焼き大会の準備にかかる。
美香は、3本目にサンクチュアリに入って、ギンガメアジのおお群れを見たらしい。
ちょっと南風があるのでカンバックで潜って、4本目は、パングラオ島のドルフォとう
ポイントで潜って、帰ってきた。ドルフォは綺麗だったらしく、良かったようである。
ハナダイの群れ・ニセクロホシフエダイ・ホソフエダイ・タイワンカマス・
スパインチークアネモネフィッシュなど。

8月20日 カビラオ島 曇り、 南風朝はなし、、昼から少々。
今日もスタートはべた凪の中を発進。やっぱり波が無いだけで
嬉しいものである。ただ、、少々曇り気味、、いまだ
第2のベストシーズン宣言が出来ない、、
1本目は、ライトハウスから、全クマノミ制覇予定の今日。
ハマクマノミ・スパインチークアネモネフィッシュ・クマノミ
ハナビラクマノミ・ナデシコカクレエビ・ニシキアナゴ
アキアナゴ・ピンクスクワットロブスター・コホシカニダマシ・
バラクーダはいなかったけど、、今日のヒットは
ハナヒゲウツボが帰ってきました。水深5M、3連ミズガメカイメンのそば。
いや、、やっぱり綺麗だよな、、と、、喜ぶガイド。
2本目は、昨日の雪辱を晴らすべく、、タリサイへ、バラクーダー探し。
トウアカクマノミを見て、その後、ひたすら、ひたすら、泳ぎました。
流無し、、いや、、くそ、、はい、残念賞。
バラクーダでないが、ツバメウオの30匹ほどいて、、真児が見つけると
深場へ急速潜行、、、マンジュウイシモチの子供と、スパインチークを
みて、珊瑚が綺麗なところで、安全停止。そのときには太陽の光が
入って綺麗でした。
3本目は、これまた久しぶりのサンクチュアリへ。
が、、流れている、、ここはカンバックしなくてはいけないポイントなので、
真児がいやいや流れに逆らう、、タイワンカマス・ニチリンダテハゼ
テングカワハギ・アカフチリュウグウウミウシ、、
久しぶりに潜ると、、やっぱりここのサンゴは、、綺麗だな、、と再確認。
帰りには少々波を被った。今までの波と比べると可愛いものであるが、、
早く、第2のベストシーズン宣言をしたいものである。

美香グループは到着と一緒に、パングラオ島、、
その結果は、後ほど、、はい、無事に帰って来ました。
1本目美香ガイド、2本目、兄貴ガイド、3本目ジュンのガイドで
潜ってきたらしい、、2人ともよく魚を覚えてくれたので、
そろそろ、単独ガイド!
パープルビューティー・ニチリンダテハゼ・マンジュウイシモチ
カニハゼ、、いなくなっていた、オオモンイザリウオ(白)と
いろいろ見てきたようである。天気も安定してきたので
ちょっと嬉しいガイド陣。

8月19 バリカサグ島 快晴、後曇り、、
いやあああい、、久しぶりに朝から、風がない、、べた凪である。
本当に、1月ぶりで無いだろうか、、(^^ゞ、、嬉しい。
今日はバリカサグ、、バラクーダーを見に行くぞ!!
久しぶりに波の無い海を、疾走、、いや、、気持ちよい。
イルカ、、なんか、、無いかな、、はい、いませんでした。(^^ゞ、
1本目は、昨日美香グループが、バラクーダーに遭遇したという
ブラックフォレストから、最初はなぜか、、カブラヤスズメダイの大群に
目を奪われた、、普段はあまりゆっくり見ないのであるが、群れが半端でなく
大きかった、、スズメダイの大群というのも、、凄いものである。
水中で、ちょっと吃驚、、なんと、、透明度の悪いこと、、波が無いのに
波があるときより、、透明度が悪い、、なんてこった、、今まで浮遊していた砂が
沈殿しかけているのであろうか、、などと、いろいろ考えてみる。
トサカリュウグウウミウシ、クマザサハナムロの群れ、カスミアジの群れ、、
といろいろ出てくるのであるが、、肝心のバラクーダーは何処へ、、
2本目は、ほぼ1月ぶりのサンクチュアリに突入。ここしばらくは
波が高くて、とても入れなかったのである。が、、今日はべた凪。
一月ぶりなので、、どこにいるか分からないが、、前回最後に見た
その場所を目指してエントリー、ダイバーズヘブンと、サンクチュアリの
境目の目印岩のそばに、、いました、ギンガメアジギンガメアジギンガメアジ、、
書ききれない、、、久々のギンガメアジに真児も少々興奮気味、
やっぱり嬉しい、、イエローダッシュフュージュラーも綺麗だった。
さて、、3本目、、目指すは、もちろん、バラクーダー、、
なんてこった、、流が逆になった、、、でも、透明度は良くなった、、
ムレハタタテダイの大群が綺麗、、チンアナゴ、ミドリリュウグウウミウシ、、、
イソギンチャクエビを見せ始めたときには、、バラクーダー諦めました。
後は、浅瀬5mのところで、エグレッタ(メレンゲウミウシ)を見たのが
嬉しかった。
あ、、、バラクーダーは残念でした。でも、ギンガメが大群だったので
とりあえずよしよし、、後は、ビールでフォロー、、(^^ゞ、、、

8月18日 朝から快晴、でも、、南風大。
やったああああああああ!!朝から気持ちよい快晴。
でも、、、でも、、風が強いな、、(^^ゞ、、
今日は美香の部隊はバリカサグへ、真児は到着のゲストと
パングラオ島ダイビング。結果は後ほど。
1本目は、カテドラル。サンクチュアリ、ブラックフォレストは波が高い。
しかし、カメ登場、トウアカクマノミ、ツバメウオ、
2本目もカテドラル、、カスミアジ、タイワンカマスの群れ
コブシメ、、ジュエリーバスレット、、など、、
3本目、ちょっと昼過ぎから穏やかになったので、ブラックフォレストに
突入!!いた、、バラクーダーダの大群。エキジットまで、ずっと
一緒にいたらしい、、ゲストも満足!良かった良かった、、
でも、、金色バラクーダはいなかったらしい、、、

真児部隊は、パングラオ島にて、、
1本目は、ドゥオルにて、カニハゼ、マンジュウイシモチ、パープルビューティ
バーチークダムゼル、スプリンガーズダムゼル、などなど、、
しばらく、ガイドを楽しませてくれていた、ニシキフウライウオは、、
とうとう、、いなくなりました、、残念。
2本目は、ハグダンポイントにて、、目指すのは白いオオモンイザリウオ
だったのに、、これも、、いなくなりました。
海は久々に、落ち着いてきたのに、、透明度も悪くなった、、
なんてこった、、波が無くなったら、透明度が悪くなった??
そんなこともあるんだな、、でも、、水面が穏やかに、太陽が
さんさんと降り注ぐ、、そんな南国の海は最高。
コロールアネモネシュリンプ、、ナデシコカクレエビ、、などなど、、

8月17日 うす曇り時々、晴れ カビラオ島
今日は行きも帰りも車コースを使ってみる。
1本目、ライトハウス目指すも、波が高くて流れも強かったので撤退。
タリサイからのスタート。
トウアカクマノミ・プリンセスモノクルブリーム・オドリカクレエビ
ツバメウオ・マンジュウイシモチの子供が可愛いい
ウンバチイソギンチャク
オドリハゼ、、久しぶり、スパインチークアネモネフィッシュ
オランウータンクラブ・ヨコシマサワラ2匹、近かった。
2本目もライトハウスに挑戦、、透明度1m、、はい、、撤退。
ノースウォールに入る。アカフチリュウグウウミウシ
メラネシアンアンティアス・オオバロニア・キャンディケインドワーフゴビ-
ジュエリーバスレット・ナンヨウキサンゴ
3本目は、タリサイに再度、バラクーダーを探しにエントリー
いた!!と思ったら、浅瀬にギンガメアジでした。
一気に急降下して、、いなくなりました。ヘコアユ、マンジュウイシモチが
受けていました。

8月16日 曇り 朝から南風大 パングラオ島
今日も、朝から風が強い。レストランでパンが飛ぶほど、、
スーパーキャットも揺れたようである。酔ったゲストもいた。
船に弱いゲストは、スーパーキャット乗り込み前に、酔い止めを
飲むことをお勧めする。ダイビングの結果は後ほど、、
1本目は ハグダンからスタート
サビウツボ・オオモンイザリウオ・ニチリンダテハゼ・イナズマヤッコ
カクレクマノミ・オランウータンクラブ・パープルビューティー
2本目はドゥオルにて 
ガラスハゼ・マンジュウイシモチ・カニハゼ・イシヨウジ・
キャベツコーラル(リュウキュウキッカサンゴ)コモンシコロサンゴ
オイランヨウジ・コロールアネモネシュリンプ・ナデシコカクレエビ
など、、やっぱり波が高い。今日も港ピックアップでした。

8月15日 曇り時々雨 ダイビング無し
今日は、ボホールの家でのんびりしている。
依然天気が悪い。今年の8月は、ちょっとよろしくないな。
ただ、台風が来ないのは、全然良いのであるが。
うむ、、早く天気が回復しますように。

8月14日 曇り時々雨 南風大 バリカサグ島
今日も、朝から雲が多い。南風の中バリカサグ島まで。
なかなか、天気の回復しない今日この頃。
1本目は、カテドラルにてムレハタタテダイ、コガネスズメダイの群れ
ローニンアジ・ツバメウオ・ヨコシマサワラ・アカマダラハタ
カメ×2・タテジマキンチャクダイの幼魚
2本目はサンクチュアリにてツバメウオの幼魚・オニカサゴ
バーチクダムゼル・ギンガメアジ不発、、残念。
3本目は、、カテドラルに再挑戦。タイワンカマス群れ
バラクーダー、、残念1本だけ、、ツバメウオ・オトヒメエビ
トウアカクマノミ・カスミアジなどなど。
今日は、、残念ながら、、ギンガメバラクーダーがお休みであった。
波が高いので、透明度も良くない、、残念である。

8月13日 晴れ 風無しからみ波風大 カビラオ島
いやっほおおおおおおお!!
今日は、朝から久々に、、久々に、、晴れ??といった感じ。
今のところ風無し。空は青い。今日は全員でカビラオ島ツアーである
この天気が急変しました、、ということが無いように、、祈る。
さて、その結果ですが。天気はまずまず。雲も多いけど、太陽も
時々出たり隠れたりで、透明度もまずまず良かったほうである。
しかし、8時を過ぎると南風が強くなる。
1本目はライトハウス。波は多少あったけど、流も無く透明度も良かった。
スパインチークアネモネフィッシュ、ニシキアナゴ、
ピンクスクワットロブスター、2cmほどのウミシダカクレエビ
ヨコシマサワラなどなど。
2本目はタリサイ。ちょっと透明度悪くて、15M弱ほど。
トウアカクマノミを見た後、、よかった、バラクーダーの大群。
ゲストの皆様、あまり追いかけずに見ることが出来たので、
結構長い間バラクーダー鑑賞が出来ました。
その後は、マンジュウイシモチの子供、ミスジリュウキュウスズメダイの
沢山の群れなどなど。
3本目はここしばらくでは調子の良い、ノースドロップオフ。
ここのドロップオフは気持ちが良い。ナンヨウキサンゴ
ハシナガチョウチョウウオ、浅場のサンゴもきれいでした。
カビラオからの帰りは、車にて。ボホール島観光をしながら
ホテルまで帰ってきました。
この頃、南側が波高くて入れないのであるが、タリサイで
バラクーダーや、ローニンアジなど、見ごたえのある
大物がよく出ているので、ガイドとしては嬉しいカビラオである。

8月12日 曇り 南風大 バリカサグ島・パングラオ島
今日も朝から曇り。風が強くないのが救いである。
毎朝、白波がウサギが跳ねたようでしたが、、今日は大丈夫。
このまま回復傾向だったら良いのに。
フィリピンの北で発生していた、【カレン】という大型低気圧は
東から西に行きかけて、一気に北に上がって、昨日沖縄に上陸した模様
今年の台風は、おかしい動きが多い。そのお陰か
直接的な台風の影響がないので、ボホールとしては嬉しいのであるが。
すかっと、、晴れないし。バリカサグは美香が向っている最中。
ギンガメとバラクーダーがでますよう
はい、今日も一日南風が強い日でしたが、だんだん弱くなってきている。
美香グループのバリカサグは、1本目は、カテドラルにて
ムレハタタテダイ、カメ、2本目、ブラックフォレストで
カスミアジの大群、、グルクマ、、だが、、バラクーダー無し、、
でも、リベンジ3本目、カテドラルにて、、バラクーダーWith金色バラクーダー
で、なんとか、職務はまっとうできました。ふ、、
しかし、、透明度は、10mと非常に悪くなっている模様

パングラオ島は、どこも波があたっている。何とかドゥオルと
ハグダンでダイビング。でも、面白い魚がいるのでそれはそれで
楽しいダイビング。カニハゼ、ニシキフウライウオ、アカフチリュウグウウミウシ
マンジュウイシモチ・アカメハゼ・キャンディケインドワーフゴビ-
真っ白な、オオモンイザリウオでした。

8月11日 曇り 南風大 パングラオ島
今日は、昨日の驚くべき風の為に、バリカサグやカビラオに行くのは
やめにして、ゆっくりスタートで全員でパングラオ島北ポイントを
潜ってきました。昨日は、波が高くて、ハグダンポイントしか
入れなかったので、今日こそは、ということで、ドゥオルから入りました。
昨日見れなかった、ニシキフウライウオ・カニハゼ・マンジュウイシモチ
そして、ハグダンポイントで、真っ白なオオモンイザリウオ。
今日は昨日より天気は良くなかったが、普通の南風に戻ってきた。
明日こそは、バリカサグには行きたいものである。

8月10日 晴れ!後曇り、南風最強の強さ!!
今日は、、思わず朝からスーパーキャットが止まるかな?
と思うほど、南風が強かった。久々に朝から太陽が出ていて
かなりご機嫌でしたが、、なんだあああ!!この風は、、
まあ、台風の影響ではないので、、、止まりませんでしたが。
船酔いのゲスト続出。今日はゆっくり時間からの近場スタート。
が、、逃げ場の無い、近場だけあって、、ドゥオルも
波が高くて入れません、、、頑張って、ハグダンポイントまで
行って、波はあるのであるが、何とかダイビングできるところに
ボートを固定。2本とも、ハグダンポイントにてカンバックしました。
いや、、せっかく太陽が入って綺麗なのに、めちゃ、残念。
波たかすぎ、、でも、、いなくなったと思っていたオオモンイザリウオ(白)
が、復活していたので、、せめてもの救いでした。
パープルビューティー、メラネシアンアンティアス、ニチリンダテハゼ
ローランドダムゼル、タルボッツダムゼル、オランウータンクラブ
などを見て、今日のダイビングナとか終了。
ダイブショップの前にボートをつける時に、超超超超激しいスコール。
ボートが止められず、、スーパーキャットの港まで移動して
陸に上がる始末、、今日の風は最悪、、でも元気そうなゲストで
良かった良かった。
ミカのカビラオ組みも、行きは時間がかかったようですが、
バラクーダー・ギンガメアジの群れが見れたようで、
ご満足なようでした。明日は、近場かカビラオしか、、ボートが出せそうに
ないな、、なんだ、、この風は、、う、、む。
まあ、天気には逆らわずに、のんびり無理せず頑張ろうと
再認識した日でした。

8月9日 曇り時々雨 カビラオ島・パングラオ島
今日も朝から天気はスッキリしない。雲が多くて
南風が強い。
カビラオ島の1本目はタリサイにて
高畑家の50本記念ダイブ!!にて
スパインチークアネモネフィッシュ・マンジュウイシモチ
ミスジリュウキュウスズメダイ・トウアカクマノミ
モンガラカワハギ・ツバメウオの幼魚など
2本目はノースウォールにて、キビナゴ、ニチリンダテハゼ
オバケインコハゼ・ミドリリュウグウウミウシ・アオスジツバメガイ
クロユリハゼ、オドリカクレエビ・イソギンチャクモエビ・
ガラスハゼなどなど。
3本目も頑張って潜ってきました、ノースウォールにて
コガネアジ・ネッタイスズメダイ・ホワイトラインコームツースブレニー
イナズマヤッコ・リングアイピグミーゴビー、、、コクテンフグ。
天気が悪いが、カビラオの北側は、湖のように潜りやすい。
早く回復して欲しい。
近場では、カニハゼ、ニシキフウライウオ(卵付きと判明)
マンジュウイシモチ、スプリンガーズダムゼル・バーチークダムゼル
などなど、、を見てきました! 志知さんの500本記念ダイブでした!
2本目のハグダンポイントでは、、オオモンイザリウオが、、
とうとういなくなっていました、、残念。

夕方のログ付けの時に、久しぶりに、、太陽が登場!!
いや、、久しぶりの太陽とは、、何事、、(*_*)??
明日に期待。

8月8日 雨 雨 雨 バリカサグ島
今日は朝6:00から、、大雨、、大雨。
一日中雨降ること無いですよ、、が歌い文句のボホールも、、
今日は、昼過ぎまで、ずっと雨。いや、、辛い。久々に降り続く雨だ。
1本目は、ブラックフォレストにて、グルクマ、クマザサハナムロ
ツノダシ・カクレクマノミ・コブシメの卵・カメ(コバンザメつき)
2本目は、カテドラルにて。
バラクーダーの群れ(金色付き)ツバメウオ・スパインチークアネモネフィッシュ
ゴマモンガラ・ムレハタタテダイなどなど。
天気が悪い!!!

8月7日 曇り。 南風少々。カビラオ島
昨日の夜のスコールは久しぶりに、凄く強かった。
この強い、雨のお陰で、今日の朝には天気が変わっているかな??
と思ったけど、、今も曇っている、そして、南風、、
早く、、復活して欲しいこの天気、、天気の回復も無く、カビラオに出発。
1本目はライトハウス。ちょっと波はあるが、許容範囲でした。
透明度は思ったより良かった。ニチリンダテハゼ、コマチコシオリエビ
オランウータンクラブ・ピンクスクワットロブスター・ニシキアナゴ
綺麗なソフトコーラル。
2本目、タリサイ トウアカクマノミ・ピンクスクワットロブスター
バブルコーラルシュリンプ・カメ・スパインチークアネモネフィッシュ
ペリクリメネスコロールアネモネフィッシュ・マンジュウイシモチ
3本目は、ノースドロップオフにてネオンピグミーゴビー
ホワイトラインコームツースブレニー・ツースポットブレニー
スプリンガーズダムゼル・オオバロニア・クレナイニセスズメ・
オニカサゴ・グルクマなどなど。

今日はとうとう天気も復活せず。夕方多少日が出たが、、
ルソン島の北に【カレン】という大型低気圧が発生している
影響なのか、、でも、、天気図全部、曇、、曇、、曇、、
早く、回復して欲しいものである。

8月6日 曇り 南風大 パングラオ島
今日も、、南風が強い、、ああ、、アロナサイドは
高波のためダイビング不可、、近場も波が立っていますが、
がんばって、潜りに行きました。せめてもの救いですが、
最近の近場の魚は、熱い!!
ニシキフウライウオ・カニハゼ、マンジュウイシモチ・オバケインコハゼ
真っ白のオオモンイザリウオなどなど。
透明度はいまいちですが、雑誌を飾る、お魚たちで、
なんとか、楽しんでいただけたのでは、、
明日は、カビラオ島に行ってくるぞ!!
そろそろ、晴れても良いのでは。?

夕方、、これでもか、、、というほど強いスコールが降りました。
自慢のテントでも、中に振り込むほどの強い雨でした。

今年は、日本の異常気象につられてか、、風が強い日が続きます。
特に、大雨が降るわけでもなく、、雨季、、と一般に呼ばれる日々なのに、
ほとんど雨も降らずに、風が強い、、いっそのこと、大雨が降って
この曇たちが消えてくれたらよいのにな、、
まあ、なかなか、思うように行かないものである。
ピークの8月10日過ぎまで、後5日間、、はやく復活して欲しいな。
去年のお盆は、快晴べた凪、、だったので、少々復活を期待している
真児です。

8月5日 曇り 南風大 バリカサグ島
今日も南風が強い。バリカサグの行きに波を被ってしまう。
1本目は、ブラックフォレストへ。真児がエントリーした瞬間
ボートの真下にバラクーダーの群れ。透明度も良いし。
かなり嬉しかった。最初から全員でバラクーダーを見てのスタート
カメも登場。前回復活した黒のオオモンイザリウオも健在。
なかなか良い1本目でした。2本目は、カテドラルへ。
ムレハタタテダイ、アカマダラハタ、カスミアジ、カスミチョウチョウウオ
カメ、今日も上潮時間であったが、カテドラルサイドの流れは強め。
気持ちの良い、ドリフトダイビングで。楽チンでした。
最後はトウアカクマノミを見て浮上。

8月4日 曇り時々晴れ 南風大 カビラオ島
今日も朝から南風が強いので、南風に強いカビラオ島に向けて出発。
北方面に向うので、波乗り状態なので、ボートの上は楽である。
さて1本目は、ビーチフロント、タリサイの北側にエントリー
トウアカクマノミを見て、パープルビューティー、
メラネシアンアンティアス、透明度もいので綺麗に見える。
コクテンフグ・プリンセスノモクルブリーム・綺麗なソフトコーラル
オオイカリナマコなどなど。
2本目はタリサイにエントリー。水面がおだやななのが嬉しい。
透明度15mくらい。スパインチークアネモネフィッシュ
ハナビラクマノミ・めちゃくちゃ沢山のキビナゴ。
午前中で2ダイブを終了して、車にてボホールトロピックスまで帰る。
1時間掛からずに帰ることが出来るので楽でした。
お昼過ぎには気持ちよい快晴でしたが、3時にはスコール、、
風があるので、天気の変りが早いな、、
明日はバリカサグ。晴れますうに・風が止まりますように・

8月3日 晴れ 南風大。バリカサグ島
今日は、バリカサグ島に。やっぱり南風が少々強い。
行きだけが問題。波に逆らうからである。GOODダイブショップの
カッパに身を包んで出動!でも、そんなに波は大きくなかった。
1本目は、ブラックフォレストに。サンクチュアリとダイバーズヘブンは
波が高いが、ブラックフォレストとカテドラルは全然問題ない。
エントリー直後に、オオモンイザリウオ(黒)久々に復活しました。
ムレハタタテダイ、クマザサハナムロなどを見ながら、、あら?
バラクーダーいないかな、と思った30分後。水深15mで金色のバラクーダー
を先頭にして、いました!!あ、、良かった。流は結構強かった。
満潮は11:30分の、上潮だったのですが、、
2本目はカテドラルにて、濱岡さんの200本ダイブ。
記念撮影をして、ミドリリュウグウウミウシ・チンアナゴ
ムレハタタテダイ・トサカリュウグウウミウシ・
透明度もよく、気持ちの良いダイビングでした。
サンクチュアリのギンガメアジは、波が高そうでしたので
やめて、早く帰ってビール大会でした。

8月2日 曇り 南風大大大。カビラオ島にて
今日はカビラオ島に、朝から、ちょっと白波立っている。
カビラオまでは波乗り状態なので、行きは問題なし。
1本目は、タリサイにて。トウアカクマノミ、
マンジュウイシモチ、スパインチークアネモネフィッシュ。
真児はアドバンスのディープ講習で、水中計算をやったり、ゲージを
比べてみたり、、でも、ギンガメも、バラクーダーもいません、、
2本目は、ライトハウスにて。パープルビュィーティ、
綺麗なソフトコーラル。3本目も、バラクーダ狙いで、タリサイに入ったのですが、
あら、、ギンガメアジはいたのですが、少々残念。
今日の帰りは車で帰りました。最近荒れたカビラオから帰る
楽勝の技を手に入れました。

8月1日 曇り。パングラオ島にて。
いや、、なんとも天気がよくない。曇っているので寒いのである。
水温29度、、でも、、寒い。
でも、、お魚は熱い、
1本目はドゥオルにてニシキフウライウオ・カニハゼ・
ハマクマノミ、パープルビュィーティ
2本目はハグダンポイントにて、久々の真っ白なオオモンイザリウオ
カクレクマノミ、グルクマなどなど。
3本目は、アドバンス講習のコンパスナビゲーションを
ドゥオルでやりました。無事に四角形を描いて帰ってくることが出来て
ほっとする生徒?イントラ?
せっかく面白い魚がいるのに、、早くお天気が回復して欲しいものである。